安城市の工務店、注文住宅ならイヨダホーム

展示場のご案内

住む人と建物の健康を考えた工法

空気が流れる家で湿気を逃がす

呼吸する家で湿気を逃がす

結露というと、多くの方が窓に出来ているかどうかのみで判断されると思います。しかし、本当の問題は壁の中です。見えない壁の中が結露していると、内部の木材は劣化し、家の寿命に確実に響きます。結露とは、湿気を含んだ空気が冷やされて水滴に代わることです。この現象は、真夏と真冬の冷暖房時には室内外の温度差により必ずといっていいほど壁の中で起こります。また、結露はダニやカビなどが発生する原因となり、頭が痛くなったり、かゆみがでてしまったりといったハウスダストなどのつらいアレルギー症状を引きおこすこともあります。

イヨダホームでは、このような問題を、呼吸する家で解決いたします。まず、室内の湿気や汚れた空気は透湿壁を通って上昇させ、屋根裏換気扇から外に排出させることによって室内の空気をきれいに保ちます。また、壁内通気層により湿気を外へ逃がして構造の蒸れ腐りを防ぎ、家本体を丈夫に保ちます。イヨダホームの家は高気密でありながら呼吸する工法なので、住む人も家本体も安全で快適であり続けます。

呼吸しない「密閉住宅」のリスク

呼吸しない「密閉住宅」のリスク

日本のような高温多湿の気候においては、家づくりには「温度」「湿気」の対策をしなければ、家の構造が腐りやすく短命になり、住む人の健康にも悪影響を及ぼします。

詳細
  • 室内に湿気やVOC(揮発性有機化合物・シックハウスのもと)をためこむ。
  • 壁や床の中の通気がないと空気が淀み、構造材の蒸れ腐りが起こる。
  • 構造体に湿気が入ると、カビ・ダニの発生により構造体が腐る。
    →完成時は耐震性能が高くても、数年後にその性能はガタ落ちしている。
    →完成時は断熱性能が高くても、数年後にその性能はガタ落ちしている。
  • 24時間換気システムを正しく作動させないとシックハウスになる恐れがある。

高気密・高断熱住宅は呼吸している?

従来の一般的な高気密・高断熱住宅は構造材の間いっぱいに断熱材がつめられ、通気層が十分ではありません。
すると、目に見えない壁内は空気が流れないため、湿気がたまり、壁内結露がおきてカビ・ダニの発生、構造体の腐りへつながります。また、高気密・高断熱のうえ、合板で囲ったりビニールクロスで仕上げる家が多く、有害物質を室内に閉じ込めてしまうことになります。これでは呼吸のない「密閉住宅」です。
私たちが長時間レインコートを着ていると蒸し暑く不快になるように、家に合板やビニールを着せて通気の少ない造りにすると、不健康で不快な住まいになってしまいます。

その他のポイントを見る

  • 素材へのこだわり
  • 快適な暮らしを考えた工法

pagetop

Contact

資料請求・お問い合わせ

お問い合わせ・資料請求