年中快適な暮らしを実現する『ハイブリット住宅』

断熱材と遮熱材の
両方を使用する
『ハイブリット住宅』
について

遮熱材で断熱材の欠点を解消する
当社独自のオリジナル工法

イヨダホームでは、遮熱材と断熱材を使用したオリジナル工法を基本仕様としています。一般的にはあまり認知されていませんが、断熱材だけでは夏の暑さと壁内結露による構造の劣化を防ぐことはできません。

しかし、イヨダホームのハイブリット住宅では遮熱材を使用することで断熱材の欠点を解消。猛暑・極寒でも快適に過ごすことができます。また、壁内結露を防いで長寿命です。

ハイブリット住宅のメカニズム

遮熱材

  • 冷気・暖気を反射させるので外気の影響を受けにくい
  • 室内の冷暖房を反射させるので冷暖房効率が良い

断熱材

  • 室内の冷暖房を外に逃がさないのでさらに冷暖房効率が良い

『遮熱材』と『断熱材』
について

住み心地の良い家造りに
必要不可欠な『断熱材』

現在の建築業界の流れは、省エネを目的として断熱材を利用した冬型の家造りが進められています。しかし、断熱材はその名称と異なり完全に熱を断つわけではなく、外気の侵入を防ぐことはできません。もちろん、住み心地のよい家にするためには「断熱材」は必要不可欠です。しかし、以下のようなデメリットもあることから、断熱材の種類や施工方法には注意が必要なのです。

しかし、断熱材には以下のような
デメリットもあります

  • 室内の温度が夜にかけて
    徐々に高くなる

    暑さが増せば増すほど断熱材に熱がこもり、室内の温度は時間をかけて徐々に高くなります。つまり、昼間、壁の中に溜まった熱気が夜になって室内に伝わるため、「外は涼しいのに家の中は暑い」という夜間の熱中症リスクが増大するというわけです。

  • 結露が起こりやすく
    家に悪影響を及ぼす

    断熱材を壁内にぎっしりと詰めると、外気温と室内の温度差により、壁内に結露が発生しやすくなります。結露は、カビの原因となり、柱や断熱材を腐らせるなど住まいを痛める大きな要因となります。

宇宙の超高熱環境で使用される『遮熱材』を住宅用に

遮熱材は高純度アルミでできており、最初は超高熱環境で使用する宇宙船及び宇宙服の反射絶縁材料として米国の宇宙産業に採用されました。以来、様々な技術を駆使して建物に適した遮熱材が開発され、暑さ寒さを快適に過ごすことに寄与し、環境にも優しい材料として多くの国で使われるようになりました。

遮熱材のメリット

  • 夏も冬も威力を発揮

    冬には冷たい外気と土気を反射し、暖房を室内に戻します。夏には熱線(電磁波)を反射、外壁からの輻射熱を遮断し、室内の冷房-エネルギーを外部に逃しません。

  • 他にもある遮熱材の利点

    遮熱材は他にも色々な特徴があります。「電磁波をカットする」「断熱材に比べて薄い(壁内通気が確保できる)」「安全性が高い」「密閉性がある」「耐久性が高い」「無結露」などなど。遮熱の家は様々なすばらしさがあるのです。

『ハイブリット住宅』
最大のポイント

Point01遮熱材を用いて室内冷暖房の
効率UPで省エネに

断熱材だけでは夏の暑さは避けられませんが、当社では主に遮熱材を用いてその問題を解消。断熱材は熱を伝わりにくくする材料であるのに対し、遮熱材は熱を反射する材料です。遮熱材で屋根・壁・床下を隙間なく覆い、外部からの熱侵入と外壁からの輻射熱を防ぐことで外気温に影響されにくく一年中快適な家となるのです。

また、室内の冷暖気も反射して外に逃がさないため、冷暖房の効率がUPし省エネになります。

Point02壁内の蒸れと結露が無いため
健康で長寿命な住宅に

断熱材は蓄熱するので、室内外の温度差により壁の中で結露が起こりやすくなります。イヨダホームの工法では遮熱材により暖かい空気層と冷たい空気層を分けて壁内結露を防ぎ、構造を健康に保ちます。そのためにイヨダホームは一般的な木造住宅に比べ、外周工事に約4倍の手間をかけています。

単純に遮熱材を貼るだけでは効果はなく、熱原理の知識と多くの手間をかけなければ遮熱材による熱反射の効果と結露対策はできません。また、結露対策の一環として壁内に通気層をつくる工法『呼吸をする家』も取り入れています。

呼吸をする家について

ハイブリット住宅に
「温水床暖房」を組み合わせることも可能です

イヨダホームでは遮熱・断熱、それぞれの良い面を取り入れた家造りを行っています。そして、そのハイブリッド住宅にイヨダホームオリジナルの家をまるごと暖める温水床暖房を組み合わせることも可能です。ご希望の方はお気軽にご相談ください。

※『遮熱材』と『断熱材』だけでも十分快適な家造りを行うことが出来ることから温水床暖房は基本仕様ではありませんのでご了承ください。